image_03image_04 渡里湧水群を活かす会の平日活動の2回目となる今日は、地域内で開催された高齢者クラブの輪投げ大会と重なったこともあり、役員や選手として参加しているものを除く12名にとどまりました。これにより2手に分かれて通常の作業範囲にあたる通路部分に伸びだしている竹の処理班と、水戸市に引き取りを依頼している竹を国道入口まで輸送するための通路部分拡張と除草などを行いました。8時に作業開始して11時に終了となり、暫し冷たいお茶を飲みながらの懇談後に解散となりました。本日の作業により湧水群の下流域に大量の竹が切り倒されているものを、引き取りの条件にある1メートル50センチ以内に切り揃えてから、軽トラックにて一般道を使い反対側の国道入口まで運び出すことが可能になりました。