渡里湧水群を活かす会

オフィシャルブログ

毎月第2日曜日を「湧水の日」と定め、湧水群付近の清掃や除草等の活動を実施しております。
地域住民の力で、泉や小川のわきを散歩できる「水と緑の遊歩道」をつくろう。

平成27年03月01日(日)午後02時00分より 平成27年度「渡里湧水群を活かす会」の定時総会が、本日の午後2時より台渡里公民館にて開催されました。高橋靖市長と加藤浩一前市長も忙しいスケジュールの中で駆けつけていただき、官民一体の組織作りを目指した会の ...

平成26年09月28日(日)午前08時00分より 地元町内会の有志6名が発起人となって「渡里湧水群を活かす会」を設立しました。今日が第一回の地域住民との現地視察会となり、私も集合時間の8時に現地に向かいました。旧国道123号線沿いから田野川に沿って那珂川 ...

  渡里湧水群の上流端に位置し、湧水量も多く、昔から地域の人々に親しまれてきた泉です。かつて泉のわきには茶店があって、道行く人々が冷たい湧水に浸されたラムネやトコロテンを味わいながら一休みした所です。この泉を水源として、山裾約八百メートルの用水路を通して ...

  坂下と呼ばれ数か所からの湧水があり、田野川との間にあった人家前の池に竹樋で引水されていました。飲料水にも使用されており、渡里台地の人々が飯富地区での農作業の行き帰りにはこの泉の冷たい水をいただき、ノドを潤したものです。 ...

  高台の長者山荘が建っている地は「サンパチ山」と呼ばれていました。その山裾の岩盤下から湧き出る湧水は量が多く、湧水口は見応えがあります。また、この付近にはホタルや沢蟹、赤腹(イモリ)が生息しておりますし、圷渡里地区に通じる旧用水路(セメント川)の遺構が ...

↑このページのトップヘ