渡里湧水群を活かす会

オフィシャルブログ

毎月第2日曜日を「湧水の日」と定め、湧水群付近の清掃や除草等の活動を実施しております。
地域住民の力で、泉や小川のわきを散歩できる「水と緑の遊歩道」をつくろう。

 「渡里湧水群を活かす会」の平日活動日である第4水曜日の3月25日は13名の会員が集合してくれ、我々が活動を開始した6年前ほどに切り倒したままになっていた竹を中心に、樹木粉砕機による処理を行った細かいチップ状にしたものを畦道に投入して敷き詰める作業を行い ...

 3月8日(日)今月の第2日曜日ということで8時30分に30名の会員が集合し、各チームに分かれてそれぞれが枯竹の切り出しと処理に励みました。我々の通路となっている畦道への砕石投入から、樹木粉砕機が水戸市より貸し出されて竹の粉砕チップ敷設へと変更になりまし ...

 2月26日(水)の平日活動日は13名が集合して枯竹の処理を行いました。昨年の夏から樹木粉砕機が大活躍していることで、我々が竹の伐採を始めた6年前頃の大量に切り倒しただけのものを処理することが可能になっており、将来の竹林の姿が想像可能な程度にまで一帯が奇 ...

 2月9日(日)の渡里湧水群を活かす会「湧水の日」活動日に45名が集合しました。この日は全員で枯竹の処理を行いましたが、その一部を使って竹炭を作り「紅はるか」をキッチンペーパーを濡らして巻き付け、更にアルミフォイルで包んだものを竹炭の余熱で焼き上げた本格 ...

 「渡里湧水群を活かす会」による「湧水の日」活動日へ参加するため集合場所へ向かうと、畦道の途中に強風のためと思われる倒木が道を塞いでいました。手作業による鋸では到底無理な状況だったことから、会員の中で毎回チェンソーを持参して参加しているメンバーの到着を待 ...

↑このページのトップヘ