渡里湧水群を活かす会

オフィシャルブログ

毎月第2日曜日を「湧水の日」と定め、湧水群付近の清掃や除草等の活動を実施しております。
地域住民の力で、泉や小川のわきを散歩できる「水と緑の遊歩道」をつくろう。

 平成31年度最初の「湧水の日」活動日ということで38名が集合しましたが、今日は地元の神社の催しや市長、市会議員選挙の告示日と重なった慌ただしい日となりました。通常より10名ほど少ない人数ということから、緑地清掃班と先月の2回で撤去できなかった池の通称「 ...

 3月27日の平日活動日ということで、通常の「湧水の日」活動ではできない作業を少人数で取り組んでいます。今回はホタル池周辺の通称「ガマ」と呼ばれる地下茎の根っこで繋がる植物の撤去にチャレンジしてみました。池の中なので露出している穂先にある胞子?が飛び散ら ...

 平成30年度の「湧水の日」活動としては最後となる第2日曜日でしたが、天気予報では下り坂へと向かっていても早朝は雲一つない快晴となりました。この冬の期間に伐採竹を利用して会員が製作した囲いなどを使い、湧水地一帯に自生している植物の保全を目的とした保護活動 ...

 2月10日(日)8時30分集合にて「湧水の日」活動が開始され、40数名の会員と茨城大学ボランティアサークルのメンバーが作業を開始しました。この日はうっすらと降り積もった雪景色の中での作業となりましたが、それぞれが割り与えられた作業を無事完了することが出 ...

 8時30分の集合時間に集まった43名の参加者全員で新年の挨拶を行い、その後は竹の処理班と旧国道敷の清掃班に分かれて作業を開始しました。この日は新年が明けた平成31年の第1回「湧水の日」作業日ということで、毎年恒例となっている作業後の懇談会で振舞われる「 ...

↑このページのトップヘ